電気自動車

電気自動車の規格争い

世界的に見て電気自動車の開発が進んでいます。ハイブリッドカーの発展により家計の負担は減少しましたが、もしガソリンの値段が高騰した場合、電気自動車の開発が進めばより家計の負担を軽減することが出来ます。

 

また、温暖化の大きな原因であるCO2の排出をゼロに抑えることが出来るため、環境改善に大きな期待が出来ることからも電気自動車の開発は是非とも推し進めて頂きたいと思います。そんな中、電気自動車の高速充電機である「チャデモ」と「コンボ」の規格争いが勃発しています。

 

規格争いを行うことで、商品の充実化や性能の充実化が期待できると思いきや、逆に電気自動車の普及を阻害する恐れがあると懸念されています。電気自動車の開発・製造コスト、急速充電器の開発・製造コストにマイナスの影響を与えるのではないかと言われていて、

 

それにより、価格が上昇するため、消費者の購買意欲を削ぐことに繋がるのではないか?と専門家の間では心配されています。経済安定が見込めない中で販売価格が上昇することは消費者にとって痛いことです。せっかく将来性の高い事業だけに、ムダな失敗に終わらないことを祈ります。

 

車 故障