車の買い替え

車の買い替えのタイミング

車を買い替えるタイミングについては、3年目か5年目の査定前がよいといわれています。もちろん、売却するなら早い方が高く売れます。一般的に、車は1年乗ると100万円近く下落し、次に3年間で4割近く落ちて行きます。

 

一時期大幅に下落したあとは、なだらかに下落していくのが普通なので、買い替えたいと思った時にはなるべく早く売却した方がよいと思います。1年目以降ですと、買取価格がワンランク下がるのは、車がモデルチェンジした時か、走行距離が3万キロを越えるか、初車検の前後です。ですので、3年目で飽きてしまった場合は、速やかに売却した方がよいでしょう。

 

次にワンランク下がるのは、走行距離が5万キロを超えるか、車検2回目に当たる5年目となります。ランニングコストなどを考えると、5年目の査定前に売却するのがベストであるともいわれています。また、コストを考えると買い替えるよりも乗り潰した方がよいですが、長く使用する場合も維持費などがかかります。そのため、維持費の負担が大きくなる9年目か11年目の車検前などに買い替えるのもよいと思います。

 

車下取り価格