ガソリン価格

全国のガソリン価格が違うのはなぜ?

ガソリン価格が下落しています。逆に収入が高騰してくれるなら助かりますが、収入も下降の一途をたどるなか、ガソリンがどんどん下落し続ければ家計は助かります。でも、出来れば抑えたいガソリン代ですが、通勤や移動に車が欠かせない家庭においては否応なしに出費が大きくなってしまいます。

 

しかし、日本全国各地を見てみると、それほどガソリン代に困っていない地域もあります。実はガソリン価格は地域によって様々なのです。「なんで同じ国の中でガソリン代が違うの?」と気になる方もいることでしょう。

 

ガソリン価格は石油会社が独自で販売価格を定めていますので、地域や店舗によって変わってくる仕組みになっています。離党になってくればさらに輸送代が掛かってきますから、よりガソリン代が高くなるのは当たり前です。

 

しかし、沖縄県においては少し事情が変わってきます。沖縄県は揮発油税、また地方道路税が優遇されている事情がありまして、離島ではあるもののガソリン代は日本でもトップクラスに入るほどお安くなっています。北関東や東北地方においては店舗間同士の競争が激しいため、価格の値引き競争により比較的安いと言えるでしょう。

 

車 買取 注意